IMG_3115

via wwalnuts 15 詩のあらわれをめぐって

9784905219156

詩人が詩を、つまり自己自身を肯定するほかないという書法への大いなる疑問。「詩の中から新しい散文を生み出す詩人」(大江健三郎)と評されるのと表裏の関係で、日本現代詩への内在的批判により「散文の中から新しい詩を生み出す」試みを、永年つづけてきた書き手に対して、気鋭の音楽ディレクターが問いかける。いわゆる詩の世界を大きく逸脱しようとする批評的意思について、とくにその歴史的な文脈を検討する。

▷STORE