IMG_0907

via wwalnuts 21 花を釘となす人 菊地信義に

著者:澤直哉
現代日本の文芸書の姿を、70年代半ばから大きく変えてきた装幀家、菊地信義。その講演の聴講をきっかけに、一人の若い読者が、「本の敵」をめぐってもつ自身の思考との行き違いを、装幀家に問いかける。紙のメディアの危機の本質をめぐって、いまなにが明らかになろうとしているか。

▷STORE

9784905219217