postal&plane

[基本仕様とご購入方法]

手紙のかたちにつくられたこれらの書物は、[郵便版]と[無垢版]のいずれかのかたちで、読者のもとに送り届けられる。デザインされた本来のかたちは[郵便版]。刊行ペースは季刊+数冊です。   [郵便版] 宛名シール、 … Read more

IMG_0907

via wwalnuts 21 花を釘となす人 菊地信義に

著者:澤直哉 現代日本の文芸書の姿を、70年代半ばから大きく変えてきた装幀家、菊地信義。その講演の聴講をきっかけに、一人の若い読者が、「本の敵」をめぐってもつ自身の思考との行き違いを、装幀家に問いかける。紙のメディアの危 … Read more

IMG_9791

via wwalnuts 20 美學校の周辺

平出隆+香坂はるひ 2015年8月21日刊 1969年に現代思潮社によって開校された美學校。1970年、その第2期の細密画工房に入学した前後を平出隆が語る。登場するのは立石鐡臣、平出種作、出口裕弘、ポール・ニザン、高倉健 … Read more

IMG_4075

via wwalnuts 16 ELEMENTA reliqua I

 永年培ってきた《断章の方法》を、反復的時間軸によって多次元化し、「微細」と「壮大」との相互転化を構造化する、Lifelong-series の第1回配本。透明を求めるゆえの、果てしない闘争の言語。 《それぞれ、わずかに … Read more

IMG_3115

via wwalnuts 15 詩のあらわれをめぐって

詩人が詩を、つまり自己自身を肯定するほかないという書法への大いなる疑問。「詩の中から新しい散文を生み出す詩人」(大江健三郎)と評されるのと表裏の関係で、日本現代詩への内在的批判により「散文の中から新しい詩を生み出す」試み … Read more

mahaya-11-06a

via wwalnuts 11 アクテルデイク探訪

1972年、アメリカからオランダへ渡ったドナルド・エヴァンズは、アムステルダムで本格的な活動を始める前に、その郊外のさらにはずれの牧草地アクテルデイクに小さな小屋を見つけ、そこをアトリエにしようとした。そして、同じ名前の … Read more

IMG_3133

via wwalnuts 10 カフカの泣いたホテル

「芸術新潮」に発表されて話題を呼んだ三点の写真を組みなおした写真集。1913年9月、北イタリア旅行途次のヴェネツィアのホテルで、カフカはベルリンの恋人フェリーツェ・バウアーへ手紙を書いた。著者は1999年の足跡調査時の資 … Read more

mahaya-08-01a

via wwalnuts 08 螺旋・生・時間――河野道代『spira mirabilis』論

著者:三松幸雄 その詩的思考の深さや作品の高さにもかかわらず、論じられることの少ない詩人、河野道代。しかしここに、強靭な思考としなやかな芸術批評をつなぎうる新しい書き手・三松幸雄によって、その詩の根源的で画期的な試みを読 … Read more

IMG_3138

via wwalnuts 07 言語としての河原温

現代日本の美術家の中でも最高度の世界性をもつ河原温。1995年9月、ケルンで開かれた《河原温 出現 – 消滅》展に際して行なわれた平出隆による講演原稿。例によって会場にあらわれることのない河原温は、のちにその … Read more

IMG_3151

via wwalnuts 04 精神の交通のあたらしい場所

文学を軸に文化論、交通論、メディア論、領土問題などにふれ、日中韓の参加作家、開催地、新聞・雑誌など多方面に話題を呼んだ新世紀の東アジア文学への提言。via wwalnutsという匣に入ると、via wwalnutsの発刊 … Read more

mahaya_005

via wwalnuts 03 澁澤龍彦 夢のかたち II

死の迫った病身で「それだけのダンディズムがまだ残ってる」と書く澁澤龍彦のダンディズムに眩暈を覚える。 これぞプライヴェート・プレスの面目躍如という感じ。詩人に宛てた手紙から伝わってくるのは何という親密さ! ship_ah … Read more

mahaya-02-01a

via wwalnuts 02 澁澤龍彦 夢のかたち I

ichidokusha 河出書房の編集者として澁澤と交流を持った時代を語る。澁澤が、西洋から東洋へ、エッセイから物語へと活動を広げた時期に関する貴重な証言。死の床での颯爽を伝えるメモラビリア。 2010年11月26日発売 … Read more

IMG_3158

via wwalnuts 01 雷滴 その拾遺

書物のありかたに微小で鮮明な革命をもたらした第1冊目は、777部をもって絶版となりました。 《このようなささやかなかたちでも、「本」として流通させようというものです。 どうやら私にとって「本」のかたちは、 web 空間へ … Read more

IMG_2915

詩集 雷滴 特装版 平出隆+加納光於

◉平出隆詩集『雷滴』特装版 2011年7月29日発行/8月12日発売 限定30部 各冊番号入り 造本=平出隆 加納光於のオリジナル版画1点(署名・番号入り)+インタリオ13点のインクジェット複製印刷 版画圧刷 高松聰 平 … Read more

IMG_2828

詩集 雷滴 平出隆+加納光於

《今まさに、彼の詩作は最高潮に達していると思う。「どこまで行ってしまうのか?」ではなく、「まだここにいたのか?」という驚き。渦を巻き登りつめると同時に、深く地を穿っている。》☞wayundertheice ◉平出隆詩集『 … Read more

#17IMG_2737kurumi-card

くるみカード:KURUMI Card

「くるみカード」は «via wwalnuts» の「10冊予約」読者の特典で、小社の書籍目録でもあります。まずカードに「残額状況」を呈示します。また、半分に切ると購入申込み葉書として切手不要で投函でき、「10冊予約」を … Read more